HOME
世界遺産 

京都 醍醐寺

前のページ > 2018年醍醐寺霊宝館秋期特別展

秋期特別公

開

初公開 水晶宝龕入り木造阿弥陀如来像
― 水晶中に輝く阿弥陀如来の小宇宙 ― 

展示期間 : 平成30年10月15日(月)~平成30年12月10日(月)
開館時間 : 開館時間:9:00~17:00/12月3日~は16:30まで
★拝観受付終了は閉門1時間前、入館は閉館30分前まで


快慶作か? 阿弥陀如来の小像初公開

蓮華のつぼみの形をした透明な水品のなかに、巧妙におさめられた金色に輝く阿弥陀如来の小像。

日本の仏像の歴史上でも、ほかに例のないこのめずらしい仏像は、一時は上醍醐清瀧宮に伝わり、平成の仏像調査の機会に再発見され、10 年余にわたる研究によって、その全貌が平成30年春刊行の『醍醐寺叢書 醍醐寺の仏像』第1巻『如来』のなかで初めて紹介されました。

鎌倉時代初期に造られたこの仏像は、すぐれたできばえから、当時、活擢した名仏師快慶の手になる可能性も考えられています。

阿弥陀如来像は水晶のなかで微妙なバランスで自立しているために、 長距離の移動がむずかしく、これまでどの寺宝展にも出陳されたことがありません。 霊宝館では、今回、初公開となるこの仏橡を、調査・研究の際に撮影された精細な画像とともに、ご参拝の皆様に公聞いたします。

この機会に、貴重な阿弥陀如来像の全貌をあますところなくご覧ください。

⇒ご案内パンフレット(PDF)はこちら  

展示目録

  種 別 指定 作 品 名 時 代
●平成館
1 彫刻 千手観音立像 平安時代
2 彫刻 五大明王像のうち不動明王像 江戸時代
彫刻 五大明王像のうち降三世明王像 江戸時代
彫刻 五大明王像のうち軍荼利明王像 江戸時代
彫刻 五大明王像のうち金剛夜叉明王像 江戸時代
彫刻 五大明王像のうち大威徳明王像 平安時代
3 工芸 金銅両界曼荼羅のうち金剛界 鎌倉時代
工芸 金銅両界曼荼羅のうち胎蔵界 鎌倉時代
4 絵画 大日金輪像 (胎蔵界) 鎌倉時代
5 絵画 六字経曼荼羅図 鎌倉~南北朝時代
6 絵画 弥勒菩薩像 鎌倉時代
7 絵画    三宝院障壁画 芙蓉秋草図 一面  山口素岳筆 江戸時代
8 絵画    三宝院障壁画 秋草臥猪図 一面  山口素岳筆 江戸時代
9 絵画    三宝院障壁画 許由巣父図 二面  山本探川筆 江戸時代
10 絵画    三宝院障壁画 波濤獅子図 二面  山本探川筆 江戸時代
11 絵画    三宝院障壁画 籬に秋草図 二面  狩野秀信筆 江戸時代
12 絵画    三宝院障壁画 孟宗竹図 二面   江戸時代
13 工芸    乗輿 江戸時代
14 絵画    定家詠十二ケ月花鳥図  生駒等寿筆 江戸時代
15 絵画    小松曳・虫撰図  土佐光孚筆 江戸時代
16 絵画    尚歯会図  紀重就筆 江戸時代
17 工芸    御本茶碗  中里無庵作 現代
18 工芸    一重口水指  13代中里太郎右衛門作 現代
19 書籍 悉曇字母 平安時代
20 書籍 遊仙窟 南北朝時代
21 書籍 大唐西域記 巻第十一 鎌倉時代
22 絵画    尚歯会絵 江戸時代
●本 館
1 彫刻    水晶宝龕入り木造阿弥陀如来像 鎌倉時代
2 絵画 五重塔旧四天柱 平安時代
3 工芸    五重塔相輪継輪 鎌倉時代
4 工芸    五重塔鬼瓦 江戸時代
5 工芸    五重塔組物(斗栱) 平安時代
6 工芸    五重塔鬼瓦断片・軒平瓦断片(出土古瓦) 平安~鎌倉時代
7 工芸    五重塔合釘・釘 平安時代
8 工芸    五重塔支輪裏板 江戸時代
9 工芸    五重塔判じ物の落書 江戸時代
10 絵画    五重塔装飾彩色(模写絵) 現代
11 工芸    五重塔模型 現代
12 絵画    醍醐の春  岸田夏子筆 現代
13 絵画    華  浜田泰介筆 現代
●仏像棟
1 彫刻    五大明王像のうち不動明王踏み下げ像 鎌倉時代
彫刻    五大明王像のうち降三世明王像 江戸時代
彫刻    五大明王像のうち軍荼利明王像   ※現在修理中 江戸時代
彫刻    五大明王像のうち大威徳明王像 江戸時代
彫刻    五大明王像のうち金剛夜叉明王像 江戸時代
2 彫刻    十一面観音立像 鎌倉時代
3 彫刻    大日如来坐像 (金剛界) 平安時代
4 彫刻    如意輪観音踏み下げ像 平安時代
5 彫刻    阿弥陀如来坐像 平安時代
6 彫刻 地蔵菩薩立像 鎌倉時代
7 彫刻    不動明王及び二童子像のうち不動明王像 平安時代
彫刻    不動明王及び二童子像のうち矜羯羅童子像 平安時代
彫刻    不動明王及び二童子像のうち制吒迦童子像 平安時代
8 彫刻    大日如来坐像 (胎蔵界) 平安時代
9 彫刻 阿弥陀如来坐像 平安時代
10 工芸    五重塔模型  原口完治作 現代

●=国宝指定 ◎=重要文化財指定

※五大明王像のうち軍荼利明王像は経年劣化の為、『ダイナースクラブ文化財修復プロジェクト』によって、
現在修理中です。

※法要や行事等により入場を制限する場合や、都合により展示替えをする場合がございます。
あらかじめご了承ください。

*本WEBサイトの全ページの画像・文章・映像等の著作権は総本山 醍醐寺にあります。無断で複写・複製・転載することを禁じます。
Copyright (c) 2008 DAIGOJI Temple. All Rights Reserved.